お問い合せ・ご注文

メールメール: こちらからお願いします
電話お電話: 03-5493-0840
FAXFAX: 03-5493-0857

ショップ案内

住所: 〒143-0012東京都大田区大森東2-28-2
電話: 03-5493-0840
FAX: 03-5493-0857
営業時間: am9:00~pm7:00 (月~土)
定休日: 日曜・祭日
詳しく見る

■PentRoofへお越しのお客様へ■

弊社周辺には、住宅街や商店街などがございます。 お越しの際には騒音等、近隣住民への御配慮を戴けますようお願い致します。

Pentroof レポート

■ R35 GT-R メンテナンス ~ GR6ミッションメンテナンスサービス

今回のレポートは、R35 GTRのミッションオイル交換、シフトフォークかん合部キャップ取り付けの作業です。
ミッショントラブルを未然に防ぐため、ミッションオイル交換と同時に、シフトフォークキャップを対策品に交換しました。

6番目の画像、下から1.2.3段目のピストンとピストンの間に取り付けたものがキャップです。(光っている部品)
この間にシフトのリンケージがかん合しシフトするのですが、ガタが多くて当たり面が減ってしまい、ピストンが回り位置がわからなくりミッションを壊さない為にシフトをやめてしまいます!

品名 R35 GT-R GR6ミッションメンテナンスサービス
価格 \108,000 (消費税8%込)
作業時間 約3時間
内容 オイルパン洗浄
回転防止キャップ取付
各部点検
クラッチ調整
オイル交換
備考 上記価格には、作業工賃およびオイル代を含みます
要予約

Pentroofではライトチューンからハードチューンまで、R35 GT-Rのチューニング大歓迎です。

[facebookでもレポート!]

35GT-R Engine on Stand
まずはオイルを抜きます。新品では緑色のオイルが、鉄粉でかなり黒くなっています。
35GT-R Engine Head
オイルパンを取り外した状態。
35GT-R Engine Stripped
フィルターを取り外しを取り外し、特殊工具をセット。
35GT-R Engine Under
バルブボディー取り外し。
35GT-R Engine Room
対策用のキャップを取り付け。
35GT-R Engine Room
バルブボディーの全体の画像。
35GT-R Engine Room
今回、50,000km無交換だったので、二つある磁石に鉄粉がびっしり!
35GT-R Engine Room
組み上げてオイルを注入。油量を合わせて終了。
油量はミッションオイルを設定温度に合わせて調整します。