| 営業時間:am9:00~pm7:00 (月~土)

ECUリフレッシュ

「エンジンが始動しない」「アイドリングが不安定」「きれいに吹けない」などの症状に悩んでいませんか?
実はそれ、ECUの劣化かもしれません。

エンジンコンピューターユニット(ECU)は、熱や湿気などにより経年と共に劣化が進みます。
自動車は炎天下から氷点下という激しい温度差や、悪路による振動など、家電製品とは比較にならないほどの過酷な環境の中で利用される物です。
したがって、ECU基盤や電解コンデンサなどは年月と共に徐々に劣化が進み、最終的にはエンジン始動不良やアイドリング不良などの症状となって現れるのです。

PentRoofでは、このようなECU不良によるトラブル対策として、ECUリフレッシュメニューをお薦めしております。

純正ECU点検サービス

純正ECUの不具合を点検・調査します。

車齢が10年を超えるお車において、エンジン始動不良など重度な不具合が表出する前に予防として点検をお薦めしています。

特に中古車を購入してこれからチューニングを始めるというお客様は、まずECUチェックを行う事を特にお薦めいたします。

純正ECU点検サービス
価格:¥43,200(税込)

純正ECU点検・修理サービス

純正ECUの不具合を点検・修理します。

エンジン始動不良やアイドリング不調などの不具合が出ているお車において、ECUの不具合箇所を調査・修理いたします。

また、車齢を重ねてきたお車においては、不具合が表出する前に予防的に電解コンデンサの交換などを行う事で、安心してお車に乗り続けていただくことができます。

純正ECU点検・修理サービス
価格:¥54,000(税込)

社外(カスタム)ECU点検・修理サービス

社外品のカスタムECUの不具合を点検・修理します。

エンジン始動不良やアイドリング不調などの不具合が出ているお車において、ECUの不具合箇所を調査・修理いたします。

ロムチューン、社外ECU装着車両が対象です。
MOTECやF-CONなどのフルコンやサブコンもご相談ください。

社外(カスタム)ECU点検・修理サービス
価格:¥86,400(税込)

電解コンデンサの液漏れと、それに伴う基盤の腐食。
交換した電解コンデンサ

フューエルポンプコントロールモジュレーター(FPCM)点検サービス

始動不良やアイドリング不調の原因として、ECUの他にフューエルポンプコントロールモジュレーター(FPCM)が挙げられます。

FPCMはECUと同じくプリント基板やROMチップ、電解コンデンサ等で構成されており、ECUと同じく経年劣化を起こします。

PentRoofでは、ECUの点検と同時にFPCMの点検もお薦めしております。

フューエルポンプコントロールモジュレーター点検サービス
価格:¥37,800(税込)

フューエルポンプコントロールモジュレーター(FPCM)点検・修理サービス

始動不良やアイドリング不調などの症状が出ているお車のフューエルポンプコントロールモジュレーター(FPCM)を調査・修理いたします。

FPCMはECUと同じくプリント基板やROMチップ、電解コンデンサ等で構成されており、ECUと同じく経年劣化を起こします。

ECU修理と同時にご依頼戴く事で、より安心な状態でお車を乗り続けていただくことができます。

フューエルポンプコントロールモジュレーター点検・修理サービス
価格:¥37,800(税込)

作業時間:約1週間(要予約/要車両持ち込み)

作業例:
【JZA70スープラ】
 症状:エアコンスイッチ動作不良
 原因:ECUコンデンサ不良
 対処:電解コンデンサの交換
【CZ32フェアレディZ】
 症状:エンジン始動せず
 原因:FPCM不良
 対処:FPCM基盤交換

お問合せ
ショップ案内
アクセスマップ
下取り・買取
チューニングギャラリー
自動車保険
住所: 〒143-0012東京都大田区大森東2-28-2
電話: 03-5493-0840
FAX: 03-5493-0857
営業時間: am9:00~pm7:00 (月~土)
定休日: 日曜・祭日

Facebook