| 営業時間:am9:00~pm7:00 (月~土)

ECUリフレッシュ

「エンジンが始動しない」「アイドリングが不安定」「きれいに吹けない」などの症状に悩んでいませんか?
実はそれ、ECUの劣化かもしれません。

エンジンコンピューターユニット(ECU)は、熱や湿気などにより経年と共に劣化が進みます。
自動車は炎天下から氷点下という激しい温度差や、悪路による振動など、家電製品とは比較にならないほどの過酷な環境の中で利用される物です。
したがって、ECU基盤や電解コンデンサなどは年月と共に徐々に劣化が進み、最終的にはエンジン始動不良やアイドリング不良などの症状となって現れるのです。

PentRoofでは、このようなECU不良によるトラブル対策として、ECUリフレッシュメニューをお薦めしております。

純正ECU点検サービス

純正ECUの不具合を点検・調査します。

車齢が10年を超えるお車において、エンジン始動不良など重度な不具合が表出する前に予防として点検をお薦めしています。

特に中古車を購入してこれからチューニングを始めるというお客様は、まずECUチェックを行う事を特にお薦めいたします。

純正ECU点検サービス
価格:¥16,500(税込)
※値下げしました!

純正ECU点検・修理サービス

純正ECUの不具合を点検・修理します。

エンジン始動不良やアイドリング不調などの不具合が出ているお車において、ECUの不具合箇所を調査・修理いたします。

また、車齢を重ねてきたお車においては、不具合が表出する前に予防的に電解コンデンサの交換などを行う事で、安心してお車に乗り続けていただくことができます。

純正ECU点検・修理サービス
価格:¥55,000(税込)

社外(カスタム)ECU点検・修理サービス

社外品のカスタムECUの不具合を点検・修理します。

エンジン始動不良やアイドリング不調などの不具合が出ているお車において、ECUの不具合箇所を調査・修理いたします。

ロムチューン、社外ECU装着車両が対象です。
MOTECやF-CONなどのフルコンやサブコンもご相談ください。

社外(カスタム)ECU点検・修理サービス
価格:¥88,000(税込)

電解コンデンサの液漏れと、それに伴う基盤の腐食。
交換した電解コンデンサ

フューエルポンプコントロールモジュレーター(FPCM)点検サービス

始動不良やアイドリング不調の原因として、ECUの他にフューエルポンプコントロールモジュレーター(FPCM)が挙げられます。

FPCMはECUと同じくプリント基板やROMチップ、電解コンデンサ等で構成されており、ECUと同じく経年劣化を起こします。

PentRoofでは、ECUの点検と同時にFPCMの点検もお薦めしております。

フューエルポンプコントロールモジュレーター点検サービス
価格:¥38,500(税込)

フューエルポンプコントロールモジュレーター(FPCM)点検・修理サービス

始動不良やアイドリング不調などの症状が出ているお車のフューエルポンプコントロールモジュレーター(FPCM)を調査・修理いたします。

FPCMはECUと同じくプリント基板やROMチップ、電解コンデンサ等で構成されており、ECUと同じく経年劣化を起こします。

ECU修理と同時にご依頼戴く事で、より安心な状態でお車を乗り続けていただくことができます。

フューエルポンプコントロールモジュレーター点検・修理サービス
価格:¥38,500(税込)

作業時間:約1週間(要予約/要車両持ち込み)

作業例:
【JZA70スープラ】
症状:エアコンスイッチ動作不良
原因:ECUコンデンサ不良
対処:電解コンデンサの交換
【CZ32フェアレディZ】
症状:エンジン始動せず
原因:FPCM不良
対処:FPCM基盤交換

【注意】 ご依頼前に必ずお読みください

~修理ご依頼前に必ずお読みください~

ECU修理リフレッシュをご依頼を頂くにあたり、下記全文をお読みいただき、ご同意いただいたものとしてお取り扱いをさせていただきます。

 

免責

修理の成否について

基板の修理を行うことで、基板を新品同様の状態に出来るという保障はございません。
修理ご予算・希望納期等に合わせた修理サービスをご提供しております。
作動すればよい・見栄えを新品のようにしてほしい・熱対策を行った上で修理してほしい など、様々なご要望があります。
お客様とのご相談の上、修理方針を決定しております。
また、故障内容が基板のハード的不具合・故障によらない場合もあります 。
ICやROM内部に破損がある場合・書き込まれたデータにバグ・破損がある場合には 弊社の診断で不具合原因を特定できない場合がございます。
不具合原因・不具合部品を特定できた場合でも、交換部品や代替品が存在せず、対処できない事もあります。

 

作業後の状態について

弊社での作業後、お預かり前よりも症状が悪化する可能性もございます。
これには、弊社側でのリスクとして、ケース開封時の物理的ストレスであったり、部品交換による設定の初期化などが挙げられます。
基板へ無理な力を極力与えないよう、細心の注意を払い作業を致しておりますが、 故障したECUを開封する最後の手段としてケースを切断する必要があったり、コーキングを切断する、溶着部分を溶かし切る、リベットを破壊しなければ基板に到達できないなど、メーカーが想定していない作業を行う場合もありますため、その結果様々なリスクが発生することをご理解いただけますようお願い致します。
また、正常に機能していたECUやコンピュータであったとしても、お客様側でのリスクとして、取り外し作業を行った時点でそのECUが正常に使えるのか否かについては不明となることをご理解ください。
例えば、取り外しの際のバッテリ通電状態・静電気・輸送時の温度管理・湿度・振動など当方では把握・コントロールすることができない様々な要因が働いてしまうことから、それらのリスクについて十分にご理解いただき、クレーム・返金の要求をされましてもご対応は一切行えませんことをご了承ください。
作業時のリスクについては都度ご説明、その分のお値引きを行った状態でご請求を致しておりますので何卒ご理解のほどお願いいたします。

 

修理後の保障について

弊社で修理を行った基板を搭載した自動車に起こった損害、その自動車を運転して起こった損害について弊社は責任を負いかねます。
ご依頼主様のご責任の上で使用されますようお願い致します。
弊社での作業部位に関してご質問・ご要望がある場合には24時間 メール・LINEにてご相談を受け付けておりますのでご遠慮なくお申し付けください。

 

当事業所が地震・津波・洪水・土砂災害などの自然災害・天災に被災した際の、修理ご依頼品の補償について

近年増加する自然災害や、その他天災において、お客様からお預かりした修理ご依頼品を全力でお守りすることは当然のことですが、人命を最優先する結果、修理ご依頼品の保守管理を放棄せざるを得なくなった場合、お預かり品の遺失・紛失・破損にかかる一切の損害賠償責任は負いかねます。
工房を含む家屋の倒壊、損傷、その他罹災事象が発生し、何らかの理由により修理ご依頼品をお返しすることが困難、または修復不能となった場合には、速やかにご決済いただいた修理費用の全額ご返金に応じます。
その他、罹災証明の写しの提示を行う他、個人賠償等の一切の責任を負いかねます。

 

その他不慮の事故などにおける対応について

不慮の事故などにおいて 修理ご依頼品の修理作業続行が困難と思われる場合には、お支払いいただいた修理代金全額のご返金と、修理ご依頼品のご返送をもって当事業所の対応を終了とさせていただきます。
修理作業途中などにおいて、上記理由により修理作業続行が困難となった場合には提携先事業所のご紹介等、可能な限り対応をさせていただきますが、修理費用・配送料 その他損害賠償等の負担は一切致しかねます。

 

以上

2020年9月10日
PentRoof

お問合せ
ショップ案内
アクセスマップ
下取り・買取
チューニングギャラリー
自動車保険
住所: 〒143-0012東京都大田区大森東2-28-2
電話: 03-5493-0840
FAX: 03-5493-0857
営業時間: am9:00~pm7:00 (月~土)
定休日: 日曜・祭日

Facebook